ときどき歳時記 日々の出来事や雑学情報を綴ります

コラーゲンは細胞の新陳代謝を良くする働きをしている

美肌になるためにはコラーゲンが良い、というのは、良く耳にしますよね。 ですが「コラーゲン」って、いったい何なのか、知っていますか? コラーゲンは、私達の体の中に含まれているたんぱく質で、体内のたんぱく質量の中の約約20~30%がコラーゲンになります。 コラーゲンの半数近くが皮膚に、20%程度が骨や軟骨などになります。 コラーゲンは細胞の新陳代謝を良くする働きをしているので、コラーゲンの働きを高めることは、皮膚の活性化につながります。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの構造から成っていて、私達が目にしているのは表皮の部分ですが、一番重要な部分はその下の部分の真皮です。 真皮の70%はコラーゲンで保たれており、コラーゲンの働きが悪くなると変形を起こして、水分を保っている場所が狭くなっていきます。 そうなるとお肌の水分が減って保湿効果が落ち、乾燥肌になり、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

美肌を保つためには、コラーゲンはとても重要な成分というわけですが、年を重ねるごとにバランスが崩れて、新しいコラーゲンが作られにくくなります。 40才になると、20才の人の半分の量にまで減少するといわれています。 そして古いコラーゲンが多く体内に残ってしまいますが、古いコラーゲンでは柔軟性がなく、保水力も落ちていて、十分な機能を果たしてくれません。 これがお肌の老化の1つの原因になります。

コラーゲンの機能の低下は、皮膚だけでなく、血管や骨、目にも影響を及ぼします。 血管の弾力が失われて高血圧や動脈硬化を引き起こしたり、骨の組織がもろくなって、骨粗しょう症になったり、白内障の原因になったりしてしまいます。 お肌だけでなく、健康を維持するための方法として、コラーゲンを補充することはとても効果的だといえますね。










<気になるキーワード> 井上耕誠園 オリーブオイル 節楽スッキリ 強力さめ軟骨 明日葉青汁 カルコン クリアエステブェール 口コミ 遠赤はらまき ベルーナ通販 省エネダクト 販売
投稿者 pikkuri39 15:34 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
2008年 12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ別アーカイブ
  • 日記(0)
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 05:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:50
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:17
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:32
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 11:55
最近のトラックバック
本当に脱毛クリーム?
12/29 22:15
ホビダス[趣味の総合サイト]