ときどき歳時記 日々の出来事や雑学情報を綴ります

肌トラブルのなかでも最も恐ろしいもの

肌トラブルのなかでも最も恐ろしいもの、それは皮膚がんです。皮膚がんのなかでも最近、特に増えており、注目されているのが、「悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)」と呼ばれる癌です。「メラノーマ」とも呼ばれます。転移が早く、死亡率が高いのが特徴です。表皮と真皮のあいだにメラニンをつくる細胞があり、ここに癌が発生したものです。

日本でよく見られるのは、「結節型黒色腫(けっせつがたこくしょくしゅ)」と、「末端部黒子様黒色腫(まったんぶこくしょうこくしょくしゅ)」です。前者は予後が最も悪いとされるもので、後者は転移が早いことで知られています。20~60歳代に発症し、癌の大半が足の裏と下肢に発生します。ついで顔や上肢です。

爪下に発生することもあります。 特に最近問題となっているのは、女性の足の裏にできる悪性黒色腫です。前癌病変が長く、病巣を形作り、浸潤が早いという特徴があり、症状は、黒いほくろ状の色素沈着です。皮膚面からもりあがっています。60パーセント以上が、前からあった色素斑(ほくろのようなもの)が急速に大きくなり、色が変わってきたものです。

何か異変に気づいたら、一刻も早く専門医に受診してください。 足の裏などにほくろがある人は、定期的に確認し、異常が起きていることはないか、気をつけて早期発見に努めましょう。 メラノーマの場合、5年生存率は約60パーセントです。小さな癌のうちに発見できれば90パーセントを超えます。ただしリンパ節への転移がある場合、30パーセント以下に落ちてしまいます。













最近更新したブログのキーワード コスモ石油 ALAちゃん 日本直販補聴器 エーストーンプロ アサイー濃縮ソフト 気になるキーワ-ド チャンプルーウコン 千趣会 ベルメゾンの森 わりとおすすめ記事 ビースリーパンツ 美脚 熊本 福の神地蔵尊 追伸 今日は暖かいです。 近所の桜も一気に咲き始めました。わんこも庭で日向ぼっこしています。 このまま暖かくなってくれるとうれしいですねえ。 近くに白い桜の花が咲いています。あれはなんていう桜なのかな?
投稿者 pikkuri39 16:26 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ別アーカイブ
  • 日記(0)
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 05:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:50
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:17
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:32
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 11:55
最近のトラックバック
本当に脱毛クリーム?
12/29 22:15
ホビダス[趣味の総合サイト]