ときどき歳時記 日々の出来事や雑学情報を綴ります

いろいろな省エネ効果を得ることができる植栽

住宅に植栽を取り入れることでいろいろな省エネ効果を得ることができます。 夏には強い日射を遮ると同時に、屋外の温度を下げる効果があり、涼風、清風を得られます。 冬に葉が枯れ落ちる落葉樹なら、冬には日射を利用できます。 一年中室内を快適温度に近づけ、冷暖房によるエネルギー消費を抑えることができるのです。 植栽を行う時には樹木の選択に気をつける必要があります。 常緑樹は、夏には強い日差しを遮り涼しさをもたらしますが、冬には温かい日差しを遮ってしまいます。

南向き、東向き、西向きの窓の周囲には落葉?が適し、特に南面には藤棚などで日陰をつくることも効果的です。 北向きの窓の周辺には、冬の間の防風や目隠しに有効な常緑樹が適しています。 また樹木の成長に伴う枝葉の広がりや高さを予測して、住宅の植栽場所に適しているか判断して樹木を選ぶことも大切です。 植栽の中でも屋上緑化や壁面緑化は近年省エネ住宅として注目が集まっています。

これは屋根や壁面、ルーフテラスに芝生などの植物を植えて緑化する方法です。 緑化は断熱効果があるため、夏は涼しく冬は暖かく室温を保ち、冷暖房効果を高めることができます。 そして緑は温室効果ガスであるCO2を吸収するため環境にもやさしく、近年都市部で問題となっているヒートアイランド現象の緩和に役立ちます。 植物は生き物であり、植栽や屋上、壁面の緑化には、水やりや雑草の抜き取り、枝葉の手入れなどの手間がかかるものです。 しかし環境にやさしく、視覚的にも精神的にも住む人に良い影響を与えるもので、今後多くの省エネ住宅に積極的に取り入れられることが望まれます。















最近更新したブログのキーワード 活性ウコン ハウス 善玉菌のチカラ フジッコ 気になるキーワ-ド 酵素乳酸球菌エキス 代替療法研究会 エビオス錠 ビール酵母 八幡やわたグルコサミン 植物性 わりとおすすめ記事 藤田種苗 キャベリッチ 追伸 今日もとても良い天気で、久々に好転が続いています。 桜の花の開花予想も出て、本格的に貼るが近づいてきましたねえ。。 いつも通る道のカイドウの花が一段とか開花が進んでピンクがあざやかでキレイです。
投稿者 pikkuri39 16:09 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2009年 3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ別アーカイブ
  • 日記(0)
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 05:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:50
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:17
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:32
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 11:55
最近のトラックバック
本当に脱毛クリーム?
12/29 22:15
ホビダス[趣味の総合サイト]