ときどき歳時記 日々の出来事や雑学情報を綴ります

二次障害としてさまざまな症状が現れる場合も

歯ぎしりは、そのまま放っておくと、二次障害としてさまざまな症状が現れる場合もあります。 歯ぎしりは、歯やあごにとても大きなダメージを与えます。 実は、とても危険な歯ぎしりのことを、しっかりと知っておく必要があるのです。

歯ぎしりは、それをしている本人は、全然気が付いていません。 それは、なぜなのでしょうか? それは、寝ている間は、感覚器の伝達経路が断ち切られるためです。 音が脳へ伝わるとき、覚醒の状態では、筋肉から脊髄を通ります。 しかし、睡眠中は、この回路が働かなくなります。 つまり、周囲の人や家族に指摘されなければ、自分では歯ぎしりをしていることに、ほとんど気づくことないといってよいでしょう。 また、あまり音を出さなくて、ぎゅっと歯を噛み締めるような歯ぎしりも多いようです。 そのため、自分は知らずに歯ぎしりをしている人は、意外と多いのです。

それでは、なぜ歯ぎしりをするようになるのでしょう。 それは、歯のかみ合わせが悪くなっているときに起きます。 たとえば、虫歯で歯が痛むときや、治療でかぶせた金属冠の高さが適合しないときなどに、かみ合わせが悪くなります。 そのほかの理由としては、精神的なストレスや、肉体的なストレスによる不安などを、歯ぎしりにより発散させている場合があります。

もっとも怖い二次障害は、いびきが睡眠時無呼吸症候群と深く関連していることです。 はっきりとは両者の関係はよくわかっていませんが、歯ぎしりをした後すぐに、睡眠時無呼吸症の症状が現れることがよくあります。 睡眠時無呼吸症候群は、突然死につながる、とても恐ろしい病気なので、注意が必要です。 歯ぎしりを治すには、専門科の医師に相談するのが、もっとも良いでしょう。 歯科医や口腔外科が専門としているので、そちらを受診しよう。













ねこにしんじゅ きまっし はなみのだんご きょうのとなり かんさいじん こうべっこになりたい しらさぎ ばんび うめぼしのたね おこのみもだん
投稿者 pikkuri39 16:04 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2009年 3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ別アーカイブ
  • 日記(0)
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 05:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:50
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:17
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:32
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 11:55
最近のトラックバック
本当に脱毛クリーム?
12/29 22:15
ホビダス[趣味の総合サイト]